Share on Facebook
Pocket

「私は間違えた」は、

何かを求めたり、
約束を前提にする
ことではない。

相手に何か要求をする、
交換条件ではない。

余りにも交換条件の人が多い。

「私は間違えた」は、

ただ、ただ
認めること。
純粋に素直に
認めるということ。

誰かに、
あなたの相手に、

アピールすることではない。

「見て、見て。私こんなに変わったでしょ」
(だから、解って、解りなさいよ、解るのが当然、)
(だから、あなたは私を受け容れるのが当たり前)
ではない。

見て見ての結果は?

あなたは予想外、
がっかり、
あるいは、あまり変わらない、
などとなる。

パートナーからすれば、
「俺に私に受け容れろと言う前に、お前がお前自身を受け容れてから来いよ」
ということ。

「私は間違えた」は、
自分を認めるということ
自分を受け容れるということ
自分をありのまま、そのまま
認め、受け容れる
ということ。

自分を赦すということ。

「どんな私も私」
「私は私」
「私は、どんな私も受け容れる」

その時、相手に人に求める必要がなくなり、
自分と自分の周りのエネルギーが変わり、
あなたのパートナーを含む、あなたの住む世界が変わるのです。

クリエイトアバンダンス
監督
エネルギー体感セミナー講師
河合純也

The following two tabs change content below.

河合純也

「誰よりも強い男」を辞め、自然体になることで収入0から復活した男。 社会人1年目から順風満帆のセールス人生だったが、家族問題(人間関係)で挫折を味わい、セールスの世界を離れてから収入、円満な人間関係、自信とほぼ全てを失う。 長い苦難と暗闇を経て、2014年4月『中国吉林省一兆円大富豪の教え』に出会い、「人生全方位を豊かにする法則」を知る。 人生転落の法則に明確に気づいたあと、無職で借金の状態から半年で1000万円の収入を得て人生を大転換、ライフパワープロセールスコーチとして復活。 その後、『中国吉林省1兆円大富豪の教え』を伝える監督という立場になる。これまで2000人を超える参加者に対して影響力を発揮している。

最新記事 by 河合純也 (全て見る)