Share on Facebook
Pocket

人を憎むことは良くあることだと思います。

些細な出来事だったり、都合良く事柄が進まなかったり

するとイラッとしたり、カッとしたり。

その怒りというべき表現は一見正当な表現に見られがちですが、

相手をコントロールする行為なのです。

コントロールしようとする = 自分の許容範囲で超えない様に(操作)する。

故に、許容範囲外は受け入れないということになります。

それは、自分自身に対する失敗したことを悔やんだり、反省したり、後悔したり

する行為:内的要因と同様です。

これでは、自分で自分の首を絞めている状態と同じになります。

反省や後悔は、内省をし自分を戒めます。次のためにより良くする行為だと

思ってしまいがちですが、許容範囲を縮めているのです。

相手に対して許せない感情が生じる場合、自分の行為に対しても、

自身にダメな奴だ、ったく何をやっているんだ!のような気持ちを自分に

突き刺しています。

自分に自身を持てない、成功経験がない、何やっても楽しくないという方が

良くやっている行為です。
自分を自分らしく、やりたいことを生み出し、やりたいように行動し、

豊かな暮らしをしていくためには、上記のような行為はやめましょう。

自身の許容を広げると、外的、内的な要因なことでも反応することなく、

ストレスフリーとなります。

動画では、その憎む現象についてどのような状態で、

どのように解決していけばよいかを伝えております。

The following two tabs change content below.

createabundanceoffice@gmail.com

クリエイトアバンダンスの事務局です。