Share on Facebook
Pocket

目上の人に発言できない状態になったことはありませんか。

この時の感情はどのような感情が巡っていますか。

どのように思われてしまうか、どうせ何言っても聞かないとか、

お世話になっている人に迷惑はかけられない、自分の気持ちは抑えておこう

などの気持ちなどありますよね。

その感情に内在するのは“恐れ”であることにお気づきですか。

一見、恐れがどこに掛かっているのか分からないと思いますが、

相手からの反応に対して恐れているということです。

恐れなんてない、話すのが面倒なだけ。という方もいらっしゃる

かと思います。

面倒ということに内在する気持ちは、嫌だという感情がありますよね。

例えば、時間掛かるから、話が複雑になるから、怒りだすからなど。

その現象になることを嫌いに感じてしまう、恐れがあります。

さらにその中には必ず抑圧している怒りがあるはずです。

怒りなんでない。という方は怒りまでもさえ、抑圧しております。

抑圧はお肌が赤くなったり、ぶつぶつができたり、いわゆるアレルギー

の症状が現れたりします。

関節にも様々な不調、頸髄や腰髄にも現れます。

状態であると、いつも誰かに抑圧されるような出来事にあいます。

この状態は、ご自身自体はもちろんのこと、相手にとっても、

これからのより良い関係を作ることが出来ません。

解決方法は下記動画にてご覧下さい。

The following two tabs change content below.

createabundanceoffice@gmail.com

クリエイトアバンダンスの事務局です。